エステサロンや眼科、健康についての話題サイト TOP  > 2013年6月の記事一覧

電気・電話・水道の引越し手続きについて

引越し前に忘れてはならないのが、電気・ガス・水道の使用中止連絡です。
それぞれの事業者へ退去日の連絡をしなくてはなりません。
引越し先でも同じ事業者のお世話になるのであれば、新居の住所も伝える必要がありますね。
連絡時期の目安は、引越し日の1週間ほど前から。遅くとも3日前には連絡をしておきたいですね。

■電気の場合
電気の使用中止の連絡先は、もちろん電力会社ですね。
連絡先は、領収書などに記載されています。
電話をするか、もしくはホームページから申込手続きを行ってください。

退去日までの使用料金を日割りで支払うことになります。
精算の方法は、連絡時に伝えておきましょう。
現金での支払いを希望した場合、電力会社のスタッフが引越し当日に訪問してくれます。
引越し当日に精算しないのであれば、新居の住所あてに払込用紙を送ってもらいましょう。
それまでの支払い方法が口座振替だった人は、口座引落でも良いか確認を取ってみてください。

引越し先ではブレーカーのスイッチを入れるだけで、簡単に電気の使用を開始することができます。
使用開始の連絡は、新居に用意されているハガキをポストに投函すればOKです。
玄関のドアノブやブレーカーの付近を探すと、申込ハガキが見つかりますよ。

■水道の場合
水道使用中止の連絡先は、水道局か市区町村役所の水道課となります。
指針票に記載されている電話番号にかけましょう。ホームページから手続きができる地域もありますよ。

こちらも退出日までの使用料金を、日割りで支払うことになります。
引越し当日に係員の人に来てもらって現金で支払いをするか、払込用紙を新居の住所あてに送ってもらいます。
口座振替で料金を払っていた人は、最後の支払いも引き落としでOKか確認してくださいね。

使用開始の連絡は、申込ハガキをポストに投函するだけです。
申込ハガキは、玄関のドアノブにかかっていることが多いはず。
蛇口をひねっても水が出ない場合は、水道メーター横のバルブを回してください。

ただし水道の使用にあたって、入居前の連絡が必要となっている地域もあるそうです。
水道使用開始の手続きについては、引越し先の市町村役所のホームページなどで、前もって確認しておいた方が安心でしょう。

■ガスの場合
ガスの使用中止時には、係員の立ち会いが必要です。
引越し当日にガス会社の人に来てもらって、ガスの閉栓をお願いしなくてはなりません。
ガス会社には早めに引越しの連絡を入れておきましょう。

ガス料金は、閉栓をしてくれた係員にその場で支払うケースがほとんど。
退出日までの料金を、引越し当日に日割りで請求されることになります。
口座振替または振り込みを希望する人は、連絡時に希望の支払い方法を伝えおいてくださいね。

また引越し先でのガス使用開始時にも、係員の立ち会いをお願いする必要があります。
希望日にガス会社の係員が訪問し、ガスの元栓を開けてくれます。
新居のエリアを管轄するガス会社が判ったら、引越し前に入居の連絡を入れておきましょう。

ちなみに開栓の立ち会い時には、通帳など口座番号が判るものと銀行印を用意しておくのがベスト。
その場でガス会社の係員が、口座振替依頼書を手渡してくることが多いんです。
受け取った際に記入してしまえば、依頼書をポストに投函する手間が省けますよ。