エステサロンや眼科、健康についての話題サイト TOP  > 2014年9月の記事一覧

青汁でNK細胞を活性

青汁は美容と健康の維持にはとても効果的な働きをします。そのため多くの健康志向の人たちに愛飲され続けています。しかし、最近別の効用が発見されたことでさらに注目されています。その効用とはナチュラルキラー細胞の活性化です。
ナチュラルキラー細胞とは、体内に入ってきたウィルスなどの異物に対して、真っ先に退治しようとする細胞のことです。白血球の中にあって、体内の健康維持に備えているのです。略してNK細胞と呼ばれることもあります。
NK細胞は誰もが持っているのですが、残念ながら加齢やストレスによって働きは衰えてしまうのです。そのため働きを活性化させる効果がある青汁は注目されているのです。
青汁には、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。継続して飲むことによって、免疫力アップや抗酸化作用があることがわかってきました。
活性酸素が体内に多量にあると体がサビてしまいます。細胞がサビると体内の機能の働きがことごとく悪くなります。血流の衰えや新陳代謝の滞りが起こると体調不良や疾病の原因になります。また、美容面でも活性酸素は体内から排除したほうがよいのです。
青汁は医薬品ではありませんので病気の治癒を目指すものではありません。そのため、生活習慣病が発症したり、体調不良になってから飲み始めても効果をなかなか実感できないことがあります。健康や美容のため、NK細胞を衰えさせないためには、早い段階から飲み始めるとよいでしょう。